NBA, etc.

試合結果やニュースなどを紹介するNBAブログ(Bリーグブログ)です。

ローズが古巣対決に勝利!!ニックスがブルズを下す

デリック・ローズとジョアキム・ノアにとっては古巣対決となった、ニューヨーク・ニックスシカゴ・ブルズ戦。

 

序盤はニックスが好調で一時大差をつけるものの、第二クォーターに、今シーズンのブルズの課題と言われている3ポイントシュートを、3ポイントシュートがあまり得意ではないウェイドが立て続けに決め、第二クォーターが終わってみれば57-56でブルズが1点リードで折り返しました。

 

第三クォーターに入っても勝負は接戦。

 

第四クォーターに入るとまずポルジンギスなどの活躍でニックスが主導権を握ります。

 

その後、ウェイドが反撃するも、最後は、ローズのパスからカーメロがとどめの3ポイントを決め117-104でニックスが勝利しました。

 

不調だったニックスに、復調の兆しが見えそうです。

デュラント絶好調!!ウォリアーズがサンダーに勝利し4連勝

ゴールデンステート・ウォリアーズがオクラホマシティ・サンダーに勝利し4連勝を果たしました。これで、今シーズン、ウォリアーズは4勝1敗となりました。

 

この試合の見所は元チームメート対決、ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックのマッチアップです。

 

まずは、ウェストブルックがデュラントに強烈なブロックをお見舞い。すると今度はデュラントがブロックを返すなど、ブロックの応酬になりました。

 

これには、デュラントも苦笑いするシーンが見られました。

 

試合が動いたのは第二クォーター、デュラントの3ポイントが爆発、一気に点差を広げ、この時点でほとんど勝負はついてしまいました。

 

その後、ウェストブルックの必死さが伝わる強引な攻めを見せ続けるも、結果は、122-96でウォリアーズが勝利しました。

 

デュラントは39得点の大活躍でした。

 

不調が続いていたクレイ・トンプソンも3ポイントを決め、復調の兆しを見せるなど、ウォリアーズが試合を重ねるごとに、調子を上げてきています。

 

サンダーもこの試合は負けたものの、チームもウェストブルックも好調なので、両チームの今後に期待です。

ロケッツ快勝!!ニックスを下し3勝目

ロケッツがニックスを下し3勝目を挙げました。

 

試合は終始ロケッツがリードし、危なげなく勝利しました。

 

試合結果は、118-99。ハーデンは30得点、15アシストでした。

 

この試合の見どころは、今期からポイントガードを務める事になったハーデンのプレイです。

 

もともとパスも上手いハーデンですが、ポイントガードをプレイさせても一流でした。

 

得点では、ドライブインあり、3ポイントあり、アシストでは味方のアリウープを演出するなど大活躍でした。

 

ロケッツはなかなか面白いチームです。

 

ニックスは、ディフェンスに難ありのようです。

 

ニックスも頑張れ‼︎

ゴールデンステート・ウォリアーズが3連勝!!

ゴールデンステート・ウォリアーズがポートランド・トレイルブレイザーズに勝利し、今季3勝目を挙げました。

 

これで戦績は3勝1敗。この1敗は、今シーズン初戦で対戦したサンアントニオ・スパーズに負けたことによる黒星です。

 

ケビン・デュラントの電撃移籍が話題になった、ウォリアーズ。初戦こそまさかの大敗でしたが、その後は順調に勝ち星を伸ばし、今シーズン3勝目を挙げました。

 

アンドリュー・ボーガットなどのインサイド陣が移籍し、インサイドに若干の不安があり、第一クォーター前半はブレイザーズにリードを許すも、その後は順調に得点を重ね、終わってみれば、127-104で勝利しました。

 

カリーが28得点、デュラントが20得点を挙げる活躍をしました。

 

今年もウォリアーズがNBAの話題を席巻するのか、NBAのシーズンはまだまだ始まったばかりです!!

NBAとは?

NBAとは、北米のプロバスケットボールリーグのことです。

 

派手なダンクや、なんであんなに遠くから入るんだと思うような3ポイントシュート、華麗なパス、バレーのスパイクのようなブロックショットや、素早い動きからのスティールなど、オフェンス・ディフェンスともに見ていて楽しい、世界最高峰のプロバスケットボールリーグです。

 

人によって好みはあるかもしれませんが、バスケットボール好きの方ならば、やみつきになること必至です!!

 

また、バスケットボールに興味のない方も、NBAを見ることによってバスケットボールが好きになる可能性大です!!

 

開幕が楽しみです。